本学会について 入会&会員情報 学術集会のお知らせ 学術情報 刊行物
ホーム > 第10回肥満症総合治療セミナー

第10回肥満症総合治療セミナー
〜患者満足度の高い減量外科治療を目指す「チーム医療」とは?〜

肥満症、とくに高度肥満症の治療は難渋を極めます。肥満外科療法は大変有効な治療手段ですが、その効果を引き出し持続させるためには、安全・確実な手術技能の確立と共に、 術前、周術期の管理のみならず、長期にわたる栄養・精神面へのサポートが必要です。それには、関連各科医師を中心に、栄養士、看護師、理学療法士、臨床心理士、ソーシャルワーカーが一体となったチーム医療が求められます。 また、このサポート体制の根幹は、保存的内科治療とほとんど共通です。2014年にわが国でも腹腔鏡下スリーブ状胃切除術が保険収載され、需要の高まりとともにその整備が急がれます。 そこで実践的かつ参加型の内容で、第10回のセミナーを開催することに致しました。肥満外科治療に取り組まれている方、また取り組もうと考えている方、さらに、高度肥満の総合的治療に興味のある方々、奮って御参加下さい。 なお、本セミナーの受講は日本肥満症治療学会認定施設となるための1条件となりますので、よろしくお願いいたします。


●主催


日本肥満症治療学会 教育委員会

●当番世話人


辻野元祥(東京都立多摩総合医療センター 内分泌代謝内科)
畑尾史彦(東京都立多摩総合医療センター 外科)


●開催日(時刻や内容は変更される可能性があります)


【 2019年 3月16日(土) 】

10:30 〜 受付開始
11:00 〜 19:30 プログラム

開会挨拶
理事長挨拶

第1部(前半)肥満症患者の病態と治療の基本
 肥満症の病態と治療体系
 肥満症に対する内科からの生活習慣指導

ランチョンセミナー
 高度肥満症に対する減量手術のUpdate

第1部(後半)肥満症患者の病態と治療の基本
 肥満症食事療法の基本 〜フォーミュラ食を含めて〜
 肥満症に対する運動療法指導のツボ

第2部 減量外科治療の実際
 外科治療総論 〜術式,適応,効果など〜
 減量外科治療チームをどのようにして立ち上げるか
 減量外科治療の実際
 減量外科手術の麻酔管理

(フォーミュラ食にトライ)

第3部 患者満足度を高めるための減量手術とは (ワークショップ)

イブニングセミナー
 (仮題)肥満症研究が拓く新しい世界

    ※セミナー終了後、情報交換会



【 2019年 3月17日(日) 】

8:00 〜 13:00 プログラム

モーニングセミナー
 (仮題)Metabolic Surgeryの治療効果を高めるために

第4部 患者満足度を高めるためのチーム医療
 減量手術前後の糖尿病薬物治療
 術前減量および術後のリバウンド予防のコツ
 減量外科治療における看護師の役割
 精神疾患合併例の手術適応と周術期・遠隔期のメンタルヘルス
 減量手術における患者会をどのように運営するか

第5部 そこが知りたい,減量手術のcontroversy
 減量手術の医療経済効果をどのように評価するか
 腎機能障害・心機能障害例はどこまでが減量手術の適応か
 減量手術の合併症リスクとその管理

ランチョンセミナー
 EPA・DHAと生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症への影響~

閉会挨拶

 

●開催場所


アワーズイン阪急
〒140-0014 東京都品川区大井1-50-5
TEL:03-3775-6121
以下のURLよりアクセス詳細をご確認いただけます。
http://www.oursinn-hankyu.co.jp/ja/service/access/


●受講対象


外科医、内科医(勤務医、開業医問わず)、精神科・心療内科医、麻酔科、栄養士、看護師、臨床心理士、医療福祉士など肥満症治療に関わる医療従事者

 ※メディカルスタッフを含む、施設における肥満症外科治療チーム全体での参加を推奨します。


●受講者


120名(先着順) 定員に達し次第締め切ります。

●参加費用


医師:30,000円(宿泊あり)
  :25,000円(宿泊なし)

医師以外:20,000円(宿泊あり)
    :15,000円(宿泊なし)

●申込方法:


・カード決済をご利用の方のお申込⇒ クリックしてください。
 (コンビニからのお振込みも可能です)

・銀行振込をご利用の方のお申込⇒ クリックしてください 。

●運営事務局


日本肥満症治療学会 事務局
株式会社コンパス内
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11 NCKビル5F
TEL:03-5840-6131
FAX:03-5840-6130
E-mail:infojsto.jp